概要

ポジティブなインタラクションで優れたカスタマーエクスペリエンスを実現

アスペクトのコールセンタスイートアプリケーションでは、自動化およびライブのインバウンド/アウトバウンドコミュニケーションを音声、SMS、メール、チャット、ソーシャル、モバイルインタラクションにわたりサポートしています。あらゆるチャネルおよびタッチポイントを横断してシームレスなエクスペリエンスを提供し、パーソナライズされた利便性の高い効果的なインタラクションを実現します。また高度なルーティングおよびダイヤリングソリューションで運用効率を改善するとともに重要な規制に準拠し、複数の顧客に同時に差別化を図ったサービスを提供することができます。

デモをリクエスト

インバウンドボイス

あらゆる組み合わせのインバウンドルートとキュータイプを活用して、顧客サービス戦略をインテリジェントにサポートし、差別化を図ります。

アウトバウンドボイス

プロアクティブなアウトリーチは、顧客の予約、支払い、その他の活動におけるエンゲージメント、情報受信、スケジューリングに必須となります。

オムニチャネルエージェントカスタマーコンタクト

全てのチャネルを横断して有効な情報やインタラクションを提供することで、通常のインタラクションを強力なカスタマーコネクションへと進化させることができます。

CXオートメーションによるセルフサービス

従来のIVRやデジタルセルフサービスのタッチポイントにわたり、オムニチャネルセルフサービスおよび一貫したパーソナライズされたエクスペリエンスを可能にします。

実装

必要な機能を最適な方法で実装

アスペクトのコールセンタソリューションは、オンプレミス、ホステッド、あるいはクラウドに実装することが可能であり、組織はコンタクトセンタアプリケーションをニーズに応じて柔軟に実装することができます。また、自社のペースでクラウドへの移行を計画し、あるいはビジネスに合わせて実装環境を継続させることもできます。アスペクトのクラウドコンタクトセンタプラットフォームであるAspect Via® では、モジュラーとしてアプリケーションを採用し、必要に応じてコールセンタに機能を追加していくことができます。Aspect® Unified IP® には、全てのコンタクトセンタアプリケーションが一元的かつ包括的なすぐに実装可能なコンタクトセンタプラットフォームとソリューションに含まれています。アスペクトソリューションはまた、サードパーティのアプリケーションとシームレスに連携し、コンタクトセンタおよびワークフォース最適化システム、およびその他の企業部門にわたりデータを自由に行き来させることができます。

コンサルティング

アスペクトのプロフェッショナルサービスコンタクトセンタコンサルティング

コールセンタソリューションの導入とカスタマイズを支援

アスペクトのエクスペリエンスを重視したアプローチには、実績豊富なプロジェクト管理フレームワークが含まれており、時間と予算の目標を達成するために顧客と協業します。アスペクトの プロフェッショナルサービスコンサルティングチームは、顧客のカスタマーコンタクトへの既存投資および既に利用しているエンタープライズテクノロジを生かしつつ、コミュニケーションを図り、ワークフローのボトルネックを解決し、よりスマートなビジネスプロセスを自動化するために必要となる豊富なプロフェッショナルの経験と技術的な専門知識を備えています。

イノベーションの詳細はこちら

用語集

コールセンタ/コンタクトセンタとは何ですか?

コールセンタは別名コンタクトセンタとも呼ばれており、組織における顧客サービス、債権回収、営業活動に関わる大量のコールやその他の問合せへの対応を支援しています。企業では、生産性とカスタマーエクスペリエンスを最大化するために多彩なコールセンタテクノロジを利用しています。自動着信呼分配(ACD)は受信コールや、メール、Webチャット、インスタントメッセージ、SMS、ソーシャルといったインバウンドのマルチチャネルタイプをリアルタイム統計値、エージェントスキル要件、および他の多様な条件基準に基づき、エージェントに割当てます。プレディクティブダイヤラーは、アウトバウンドコールを生成あるいはプロアクティブな通知をメールまたはSMS経由で送信します。その他のコールセンタ最適化ツールとして、インタラクティブボイスレスポンス(IVR)、カスタマーリレーションシップマネジメント(CRMソフトウェア)、およびコンタクトセンタが複数チャネルにわたるコンテキスト情報を保全し、セルフサービスやエージェントアシストなど複数の顧客のタッチポイントを横断してシームレスなオムニチャネルエクスペリエンスを提供できる専用の継続性ソフトウェアがあります。